キャプログ

キャップ野球に関するコラムなどのブログです

会長の極意!

今やキャップ野球界の発展は著しく、Twitter上で最初期からいた私としては新勢力の出現と意欲に、圧倒と同時に驚愕しています。

我が宮城県にも東北大学をはじめ多くの仲間が加わりました。これもひとえに活動を頑張ってきた事の結晶なのでしょうか。

そうです。今日のテーマは活動、それもグループとしての活動です。

ここまでのキャップ投げの発展はあくまでスタートは個々人の活動に始まっていました。ご存知わっきゃいさん、筆者である私エスト、大さわさんなどです。それらの個人がTwitterというツールを使い、散らばったキャッパー達は繋がっていました。

しかし上記の3人はもれなくグループを結成しました。

ご存知京都大学キャップ投げ倶楽部、宮城県キャップ投げ愛好会、開智高校キャップ投げ倶楽部とこれまでのグローバルな繋がりに加えてローカルな繋がりを形成していきました。

今やそのローカルな繋がりを持つことは、競技人口の増加によって容易に行われるようになってきました。各地の有名大学、高校など多くのサークル、部活愛好会が作られていきました。

 

今日はそこで、怒られそうですが多くの後輩サークル部長の為にキャッパー東日本会会長、宮城県キャップ投げ愛好会会長の肩書きを持つ私がサークル運営についての考えや思いを書いていきます。

 

なにより大事なのは責任を持つこと。選ばれたor作ったからには正式に引き継ぐまで責任を持つこと。

責任といってもみなさんが持っているキャップに対する愛があれば結構です。

キャップが好きだ→みんなとやりたい→大会or練習会やろう

というふうに自然になっていくと思うのでそこはやりたい欲に任せてください。

 

二つ目は予定の把握、確認はマメにすること。

申し訳ないが(?)みんなの予定合わせんのは部活じゃないところは長が合わせないと一致しません。それと切るところは切っても構わない。

 

三つ目はLINE、Twitterは多用すること。

予定把握もそうだし、合同練習会のお誘いとかはみんな待ってるので他の長に積極的にDMするといいと思います。

 

四つ目は怒る時には影で、褒める時は表で。

読んで字の如く。

 

5つ目は発信すること。

Twitterアカウントは作って終わるもんじゃないんで、せっかくあるならバンバン発信しましょう。(ちなみに、技術的なことは抽象的に質問するとTLでは無視されがちなのでDM飛んだ方が早いです)

 

6つ目は質問しまくること。

私は上で偉そうな肩書き名乗ってますけど困ったことあったらすぐわっきゃいさんのDMですよ。ヒントが凄まじいので時間ないけど行き詰まったら他の人に聞くべきです。LINEで「どうする?」「どうしようか」なんて言っても始まらないので。

 

この位ですね。楽しくキャップ投げてれば自ずと運営はわかって来るとは思いますけど。

あくまで部活では無いので強制はしない方がいいです。イラッとする事の方が責任者は多いです。給料も出なけれ平常点が上がるわけでも受験に有利になることもないです。むしろ逆。折れなきゃいけないところも多いですけど上に立つ者みんなそうなんで。愚痴ならDMにお越しください。歓迎します。それは絶対に表に出さないでください。いいことゼロです。

それでは良いサークル、愛好会、部活運営を!

(PS 大会楽しいから人数いたらやるべき。)

界隈で一番愚痴の多い会長

エスト 

@https://twitter.com/est_senga41/status/992555801934946304?s=21

緩急講座(チェンジアップの有効な使い方)

緩急、それは現代野球においてなくてはならない存在となりました。特にストレートと同じ腕の振りから放たれるチェンジアップは、打者からすれば脅威、投手からすれば速球派軟投派問わず幅広い層が使っていける変化球です。

しかも肘や肩への負担は、他の変化球と比べればほとんどない何ともお得な変化球です。蓋野球においてもその有用性は例外ではありません。そこで今回は「チェンジアップの有効な使い方」と題しまして、簡易的ながら解説していきます。まず初めに変化の仕方を見ていきましょう。

 

投手差はあれども「直球と同じ腕の振りで放たれる→直球より20km/hほど遅い速度で沈む軌道」これが変化の概要となります。まずここから分かることは、直球なしにこの変化球は成立しないということです。直球でなくとも、それに準じた速度を持つ球があれば十分でしょう。

速球派軟投派問わずに使えるというのはそこにあります。直球に似た軌道で遅ければ、直球がいくら速かろうが遅かろうが、もちろんバッターにも依りますがタイミングは外せるのです。

これを踏まえた上で次は目玉である使い方を見ていきます。結論を言ってしまえば、

「チェンジアップは外角に投じる」これが基本です。これはどういうことかと言うと、例えば内角に投じてタイミングを完全にズラしているとしましょう。基本的には体を開かせれば勝ちと言われるほど凡打や空振りの確率は高くなるのですが、内角であれば、身体の開くパワーや骨盤の捻転、振り抜き安さ、それに遅い球ということも相まって当てる確率も飛ばされる確率も高くなります。それがフェアゾーンに留まってしまったらたまったもんじゃありません。そうならないためにも基本的には外角に投じましょう。外角に投じ、タイミングをズラして体を開かせれば打者からは届きません。きりきり舞いです。

更にこれを踏まえた上で、効果を最大化させる使い方を考察していきましょう。野村克也氏は「配球とはつまるところ『4つのペア』の組み合わせに集約できる。外角と内角、速いと遅い、ボールとストライク、逃げる球と食い込む球。この4要素を材料に、相手バッターを料理するのだ」という言葉を残しています。

個人的にはこれに高低の要素も加わってくると思うので、僭越ながらこの4つの要素に高低を加えて話を進めます。野村氏の言葉を見れば、全てが相対的に成り立っていることが分かります。相対的要素のごった煮で配球は決まるということでしょう。

「チェンジアップは外角に投じる」ことを前提に置き、その4つの要素(+高低)を基にチェンジアップの効果を最大化させる配球を考えるとするなら、「内角高めストレートから外角低めチェンジアップ」が一番効果的と考えます。内角高めでコースの圧迫感を誘い、外角低めのチェンジアップで遠さとタイミング外しを両立。理想の組み立てが出来たのではないでしょうか。更にここにストライクに入れるかボールにするかの要素を加味すると「内角高め直球見逃しストライク→同コース少し上に外して空振りを誘う直球→外角低めギリギリ入るチェンジアップ」が挙げられるでしょう。

例はあくまで理想論ですが、打者からすればそういった組み立てがあることこそ脅威でしょう。

チェンジアップは内角へ投げる危険性や、直球がなければただの遅球ではあります。が、タイミングをずらすなど投手が優位を得やすい変化球である利点を持った変化球としてこれからも使われていくことでしょう。

さて、ここまで駄文長文乱文を重ねてきましたが、言いたいことは伝わるように書いたつもりです。これを参考に蓋野球ライフを楽しんでもらえれば幸いです。次はもっとまとまった文章を書けるように精進します。ありがとうございました。  文 稲荷 

https://twitter.com/AnoFoxes_Inari/status/1005505786724798466

上達法

  冬蓋祭、色々ありましたがどうにかこうにか成功させることが出来ました。その中でも初の参加になったなま君は大きなポテンシャルを示したので驚きと喜びを感じました。

  一方、前回参加組ではあれ?という成績だった人もいました。成績に関してどうこういうつもりはありませんし言ったところで過去が変わる訳でも無いです。

  前回参加組で不本意な結果に終わった人の中で私も含めて四球の多さが共通しています。ここ最近では公式の距離が8m〜8.5mほどになるようなことも言われています。

  大会をここまでほぼ最多に近いペースで行っている宮城勢が7.07mでヒイヒイ言っているようでは京大に乗り込んだ時、結果は冬蓋祭より酷くなることは明明白白です。

  大会の後というのは課題が見つかり、しかも稲荷さんのお陰で映像化までされている訳です。

  秋から冬、冬から春へと成長するために練習している宮城勢、あるいはキャッパーは大勢いると思いますが(成長するために練習していない人に向けてはここでは語りません キャップ投げ楽しい!で終わっていい人はそれも楽しみ方です。キャップ最高だよな!?)そういう人たちと練習することもある私から見て、意識的な練習が出来ている人がどれだけいるかは疑問です。

  何が課題点で何をどういうやり方でしていけばいいかわかっている人はどれだけいるでしょうか?

結局課題点のまま終わっていないでしょうか?

  練習というものは実戦で発揮されてこそです。私も含めて冬蓋祭で前回より良くなったのはてぃーよーだけです。ほかの人はもうちょっとやってくれると思いました。残念です。

  ………とここまで上から目線の文句を700文字近く並べてきた訳ですが、タイトルの回収が出来ていませんね。制球力に関しても球威に関しても上達法は練習あるのみです。朝起きたらぺっつさんのストレートが投げられるようになるわけではありません。

  「お前さっき練習しても身についてないみたいな事言ってたじゃねえかよ」と言われる記事になっていますのでここでタイトルの回収をします。

  私が思う上達法の第一歩は真似ることです。これまで何百人ものこのセリフを見てきましたがその通りと言わざるを得ません。そんじょそこらのしがない高校生が自分で考えたメニュー如きで上手くなる確率が高いと言えるでしょうか?

  だから、そこで真似るんです。現在Twitter上には3桁近いキャッパーがアカウントを所持しています。その中で自分にはできない、足りていない部分を持っているなと言うキャッパーを想像してください。 

何人も思い浮かぶでしょう?

そのキャッパーからどんな練習をしているか聞いてみるんです。最近DMでわっきゃいさんと良く話しますしLINEで稲荷さんとも良く喋っています。2人とも力のあるキャッパーですよね。上で挙げたぺっつさんも宇宙最速の異名を持ちます。その三人がなにか質問を受けて嫌な態度を取っていたところを見たことがあるでしょうか?

  そういう、恵まれたキャッパーの先輩を我々は持っているわけです。

  それに同年代にもゆで卵君や武者返しなど力のあるキャッパーは大勢います。後輩にもビネガー君などいます。

  そういう人たちを利用するんです。自分がその人たちを超えるための踏み台にするわけです。その為にはまず並ばなければならない。その為には真似る。とここまで来る訳です。

  なんの為のTwitterなのか、何故わっきゃいさんがオープンなキャップ界を目指しているか、これも一因だと思います。

  記事を書いている私も、業界では上級者の扱いですし宮城勢にも近い存在です。何の為の会長なのか、なんのための愛好会なのか。大会を開くためなら愛好会なんて名前にはしません。あまり上の人に聞にくいとか電話でニュアンスを説明したいとかそういう事があれば私を利用してください。全力でやります。中継します。

  改めて何の為の上級者なのかを考えてほしい。目標とし、乗り越える壁になり、時にコーチになってくれる存在を無駄にしているようでは才能を超えた努力は花開きません。もっと周りを上手く利用してこれからの成長を期待します。

 

秋蓋祭

秋蓋祭概要

日時:10/8

場所:仙台市青葉区本町二丁目21-1 錦町公園

時間 13:00

祭内容

チームに分かれて試合 三チームを予定

参加者

エスト てぃーよー OS ブーチン エスト友人 Hi 稲荷 将士

(敬称略)

競技規則(わっきゃい案を多少変更)

キャップ野球規則

1 競技

1.1 競技の目的
キャップ野球における規則に則り、対戦相手に勝利すること
1.2 団体・選手
総て団体・選手は性別、人種、門地、思想、年齢等によって差別はされず、自由に参加できるものとする。
1.3 審判員
審判は、試合をしていないチームの選手が行う。
1.4 規則
キャップ野球参加者は本規則を全て読んだ上で理解する必要があり、選手は参加する上で選手は本規則に必ず従わなければならない。違反行為があった場合の処分の決定権は主催者側にあり、処分が下された者はこれを受け入れる。異議申し立ては受け付ける。なお、キャップ野球中及びキャップ野球球場で生じた怪我や盗難などの損害の責任は主催者は負わないものとする。
1.5 競技中の姿勢
総て参加者は互いに敬意を持ってプレーをし、常にスポーツマンシップに則ることを心がけなければならない。

2 用具

2.1 キャップ
直径が2cmから5cmのプラスチック製のものであればなんでもいい。但し、使用するキャップは事前に主催者が確認する必要がある。必要以上の変形がある場合等は使用を認めないこともある。円形であり、凹凸がないものが好ましい。
2.2 バット
市販のプラスチックバットを使用する。
2.3 ランナー
審判が記憶する。

3 フィールド
3.1 打席の結果
打席の結果は、打球の距離と方向によって判定される。ヒットゾーンに留まればヒット、二塁打ゾーンに当たればツーベース、三塁打ゾーンに当たればスリーベース、フェアを保ちつつバックフェンスを越えればホームランである。アウトゾーンに留まった場合やアウトネットに触れた場合はアウトである。
3.2 進塁
バッターランナー及びランナーはヒットならば一塁分、ツーベースなら二塁分、スリーベースなら三塁分、ホームランなら一周分進む。本塁に帰ってきた分得点になる。ランナーが本塁を超えるようなヒットを打ってもまた二塁ランナーなどになることは無い。
3.3 ライン
フィールドのラインは判断のしやすいもので仕切る。ライン上にキャップが止まった場合は、じゃんけんで決める。

4 ピッチング

4.1 ストライクゾーン
ストライクゾーンは、野球規則にあるものと同じとする。判定は、審判が行う。
4.2 ピッチング
投球は止まった状態から始まればフォームは公序良俗に反していない限りなんでも認める。
4.3 守備参加
ピッチャーは守備に参加する事が出来る。地面に接する前に打球を完全捕球した場合や、ヒットゾーンに飛びそうな打球を止めてアウトゾーンに留めた場合、打席の結果はアウトとなる。

5 バッティング
5.1 カウント
3ストライクで三振となりアウト、4ボールでフォアボールとなりバッターランナーは一塁分進める。2ストライク以降ファールを打ってもストライクカウントは増えず、打席は続く。ここらへんまでは野球と一緒。
5.2 HBP(ヒットバイピッチ)
キャップ野球に、デッドボールはない。ストライクゾーンを外れ、バッターに当たった場合もボールとしてカウントされる。
5.3 バッティング
バッターはバッティング中、両足または片足をバッターズボックスに入れなければならない。なお、ストライクゾーンに重なるような構えは認められない。

6 試合形式

6.1 イニング
3イニング交代、3イニング制。
3イニング終了時点で得点の多い方を勝者とする。

6.2 継投

どのピッチャーもマウンドに上がった場合、1イニングを投げ切るまでは怪我や時間の都合を除いてマウンドを降りることは出来ない。但し打者五人連続にフォアボールを出した場合は1イニングを投げ切る前に降板しても良いものとする。

先発→中継ぎ→先発という継投は可能。

6.3 延長戦

3イニング終了時点で得点が同数の場合、1アウトランナー2塁から攻撃を始めるタイブレーク形式の延長戦に持ち込まれる。3イニング以降、イニング終了時点で得点の多い方を勝者とする。得点同数が続く場合、6イニング終了まで試合を続け、尚も得点同数だった場合はじゃんけんで勝敗を決める。

7 参加者の心がけ

7.1 自己責任
競技における全ての権限は主催者にあるくせに、競技における事故の責任は一切負わない。そのため、この大会は自由参加且つ参加費無料であり、参加者全員が自己責任で競技を楽しむ必要がある。皆が力を合わせ、キャップ野球という競技の発展に向け、努力していきましょう。

 チーム分け

チーム分けに際しては第1に戦力の均衡、第2にキャッパー同士の親睦を深めることを優先しています。不満な点もあるかとは思いますがご考慮ください。

第一チーム エスト Hi ブーチン
第二チーム 稲荷さん てぃーよー エスト友人
第三チーム 将士さん OS

 時間が余り次第宮城県キャッパーvs稲荷さん+将士さんチームに分かれて試合を行います。

その場合はキャッチャーはそれぞれのチームから出してもらいます。判定はその場で。

試合のルールは残り時間により現地で決定します。

 

初心者へ

キャップ野球にハマった皆さんへf:id:estlatios34:20170726141219p:image

最初に何すればいいかをここに記しておくのでよければ参考にしてください。

 

・青空キャッチボール 

コントロールの強化につながります。 やり方はわっきゃいさんが動画で説明してくれています。 注)必須

・毎日の投げ込み

上達するためには毎日キャップに触ることです。 指が痛くなったり関節が痛くなった場合はその場で中止、次の日は休んでください。 無理は禁物です。 最初は基本形で。必ずストレートを最初に覚えるようにしてください。

・体のケア

体は大事です 風呂でのマッサージは入念に。

 

こんなところですかね〜 焦って変化球から投げると最後までストレート習得が遅くなります。気をつけて。

 

持ち球、フォームについて

とりあえず自分のことから書きますかね

自分の持ち球は

ストレート スライダー 縦スラ スピニングフォーク SFFです。 投げることのできる球はもっとありますが、実戦で使えるのはこんな感じです。

それぞれ紹介していきます。

 

 

 

 

ストレート

言わずと知れたピッチングの基礎中の基礎。投げられない人はピッチャー名乗れないレベルです。 キャップ野球では常にジャイロ回転がかかっているため(稲荷さんや変化球は別)、そのまま投げると重力に負け落ちていきます。 その欠点をどれだけ作らずに投げられるかがコツであり、褒められる+通用するストレートになるかに関わってきます。

自分は落ちていかないためにフォームから変えていきました。自分のフォームは足をプロのように動かしながら投げる正統派と呼ばれるものです。正統派では腕を真後ろに引き突き出すようにして投げます。 元々正統派はストレートを速く!という意識から生まれたフォームでありいわばストレートに特化したフォームであると言えます。後ろから突き出すことで基本のストレート投げ方を意識しつつ体重の勢いをかけることに成功し、80km/hまで出るようになりました。

ここまでフォームとストレートでしたが持ち球としてのストレートを見ていきます。f:id:estlatios34:20170725171850p:image

こちらはオリックス金子千尋投手の投球割合です。七色の変化球を持つ金子千尋投手でもストレートがかなりの割合を占めます。

同じように千賀投手など圧倒的決め球を持つ投手であってもストレートの割合がかなりの割合を占めます。

私としても軸としていきたいボールではありますがいかんせんコントロールが繊細で多少のズレが大きく響くので進んで投げたい球ではないです。

 

スライダー

これも有名な変化球 カウント取りに行く球として初球あたり、早いカウントで投げることが多いです。

腕の振りはストレートよりかなり外から来る感じです。左バッターにも外から出し入れするのに使いますね。

 

縦スラ

スライダーをそのまま縦にしたような変化球

斜めに落ちる感じです。 スピニングフォークよりも変化が少ないのでそういうことも考えながら三振を取る球として使います。 うちを抉るのにも使います 腕はスライダーを多少縦に傾ける感じで体の近くから滑るように腕を持ってきます。 ストレートと同じように。

 

スピニングフォーク

お待ちかね、代名詞、アイデンティティ。スピニングフォークです。今の所確認できた中では私以外は変化球として利用している人はいません。 自慢ではないですがスピニングフォークは全国1位の実力を持っていると自負できます。

イキリは置いておいて

このスピニングフォークは昔は決め球として使っていましたが、今ではその座をSFFに明け渡しカーブ的な使い方になっていますね。目線を動かしながらファールや空振りをとって緩急にもなる球として重宝しています。

カウントはあまり気にせず速球続きの後やスリーボールの時に多く投げますね。最も安定して投げられます。握りは完全な90度。

 

SFF

スプリットです。 現在の決め球でストレートとほぼ変わらない球速で落とす球です。握りはスピニングフォークと同じです。緩く投げることで変化の多いスプリットになったりするのでそこは相手の反応によって投げ分けます。変化が少ない時は20cm落ちるかぐらいですが調整によって腰から膝ぐらいまでの変化にもなり、フォークやSFFだけでかなり投球の幅を持たせることができ本当に重宝しています。

 

 

まとめ

自分の変化球に対する姿勢や意識が伝わればいいと思います。長文お読みいただきありがとうございます。1509文字